お彼岸には彼岸花2018年09月23日 20:07

曼珠沙華、とも言われるこのお花。

日本歌曲にも、とても素晴らしい歌がある。
学生の頃は、怖い歌だと思ってた。

母になって楽譜を見てみると、
ただの怖い歌では、決してなかった。

狂おしいほどの子供への愛が、
曼珠沙華に、触発されて書かれたのだろう。

花の歌は、美しく可愛らしいものも多いけれど、
狂いへの象徴的に使われていることも多いのだ。


あ、、、
いけないいけない。

今日の一枚は、
花についてではなくて、
父への伝言だった。

ここへも寄っていってね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://noriko-sugimori.asablo.jp/blog/2018/09/23/8964205/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。