そもそも、何故チェコスロヴァキア歌曲を歌うのか?2018年11月14日 23:53


その3)


そもそも、
の続きである。


二度目にあったピアニストと、
新しい先生のお宅へ伺う。

歌う。


「いいわ、レッスンいたしましょう。
ただね、身体を動かすお習い事を、
水泳でもダンスでも、いいから、
何か始めたら、連絡を下さいね。」



びっくりだ。


私はすぐに近所のジムへ入るのだ。
水泳も、エアロビ(!)も、ヨガでも、何でもある。


そして、ふと「気功」のお知らせを見つけるのだ。


そして、このヨガと気功。
この二つが私を助けてくれることになる。


気功は、一旦クラスが無くなるも、
整体師養成クラスへ通い、認定まで頂く事になる。





思えば、高校生の時。
受験のために始めた声楽。
このときの先生が、からだを創ることからする方だった。
当たり前に、そりゃそうだと思っていた。


そしてグルベロヴァーのCDを聴き、
憧れたのだ。
いつか、こんな風に身体が鳴っているような、
鉄を咥えて歌っているような響きの声が出ると。


グルベロヴァーは、スロヴァキア人。
今の私の先生も、スロヴァキア人。
なんと同じ音大の卒業である。



さて、身体を動かすお習い事を始めた私は、
次のお習い事は、
チェコ語である。


ドヴォジャークを歌おう、
と調べてみれば、チェコ人じゃないか。
あのとき、ワイマールからチェコへ着いた途端、
同じアルファベットなのに、
何も読めない言葉。
地名すら読めない、あのチェコ語、である。


東京で見つけた、習えるところは2カ所。
どちらも途中入会は、受け付けていない。
4月新規開講を待つことになる。


そして、このチェコ語の先生も、
ものすごい方だった。


私が、JAMUで初めて歌ったとき、
信じられない、と言われた発音の正しさは、
彼のお陰である。



こう書いてみると、
本当に先生に恵まれてきた。
人との出会いが繋がって、
今の私があるのだ、としみじみ思う。




私は、本当にとてもついている。


ありがとう。



今日の写真は、チェコの民族楽器というより、
東欧系の、かもしれない。
ツィンバロン。
弦楽器で打楽器。
ピアノもそうなのだけれど、
でも全然違う音。大好きな音。

そもそも、何故チェコスロヴァキア歌曲を歌うのか?2018年11月13日 23:40



その2)


そもそも、
の続きである。


その卒業コンサートの次の日の朝ごはん。

あのピアニストが、
あの歌い手と、食べているではないか。。。

同じホテルだったんだ。

。。。なんとなく人恋しい私は、
ひっそり、隣のテーブルに座ってみる。


少しすると、
一緒に食べていた歌い手を送って行き、戻ってきた。


「日本の方ですか?」
「そうよ」


彼女はまだまだ食べながら、
私の話をきいてくれた。


「あなたみたいな事になった人、
私たくさん見てきた」

へー・・・
そうなんだ。


・・・事故に遭って無くても?



なんと、
この方は、私に
身体の使い方から教えてくれる先生を、
紹介してくれると言う。
日本では、三人しか思い当たらない、と言う。
まだ、私の歌を聴いていないのに、である。


日本に帰って、
そんな気持になったら、連絡してね、
と、連絡先をホテルのフロントへ預けていってくれた。


ワイマールを早々に切り上げた私は、
家族と合流して、
なんと、チェコへ向かったものである。
(プラハへの電車は、その名もスメタナ号!)
まだ、この時点で、私の中では、
ドヴォジャークとは、繋がっていない。

むしろ、余り記憶が無い。
そこから、一ヶ月ぐらい、落ち込むのだ。



ある日、俄然怒りがやってくる。

私、何も悪いことしていない。
優秀でもなかったけれど、
サボっていたわけじゃない。

うまくなろうと思ってきた。
その道が、
その声の道が必ずあると信じていた。


どこで間違えた?
そもそも、間違っていたのか?
こうしか、なかったじゃないか?


絶対に、身体からの声を見つけなくては。
あるってわかっているのだから。
それを見つけたら、やめてもいいや。

そうしたら、私もあの藤色のドレスの方のように、
幸せなおばあちゃんになれるだろう。
歌い続けていけるかも。


そうして、ドヴォジャークを歌うの。
歌えるようになるんだ、絶対。



私は、とてもついている。


ありがとう。

そもそも、何故チェコスロヴァキア歌曲を歌うのか?2018年11月11日 23:10


その1)


そもそも、
である。


私は、一度歌をやめようと思ったことがある。
向いてない。
もう、無理。。。


この写真を撮った次の年ぐらいかと思う。
今から、20年弱前のことだ。

車を運転していて、赤信号で止まっていた。
まだ赤なのに、後ろの10トントラックが、
前に出たのだ。

たったそれだけ。
彼の車は殆ど何でも無いけれど、
私の車は後ろのトランクは、
使えないぐらいへしゃげていた。

私は、大丈夫と思ったのだけれど、
夕方には、身体中が痛いし、微熱は出るし。

むち打ちである。


全治二ヶ月と言うけれど、
完治には結局半年かかった。
でも「完治です」と言われても、
昨日と、さっきと全然変わっていない。


でも治ったんだから、歌ってみよう。


あれ、どうやって声って出すんだっけ?
最初の一声って、どうやるんだっけ?
どうやって立つんだっけ?


何もわからなかったのだ。
何も、わかっていなかったのだ。


事故に遭ったことより、
びっくりだ。
哀しかった。


この頃、練習するって怖かった。
どうして良いか、わからなかった。
昨日と何も変わらない。
全然うまくならない。
苦しいし。
当たり前だけど、気持ちよくない。




勇気を出して参加したワイマールのセミナーでは、
さんざんだった。
(当たり前だ。。。)
今夜のコンサートを聴いてもう、帰ろう。
その日は、別のクラスの卒業コンサートだった。


60〜70歳ぐらいに見える女性が、歌った。
真っ赤な口紅で、藤色のドレス。

涙が止まらなくなった。


・・・私、この人ぐらいの年になった時に、
どうしているだろう。
こんな風に、楽しそうに
幸せそうに、キラキラしてるだろうか?

歌っているのか?

歌っていられるのか?

歌っていなかったら?




その時に彼女(ドイツ人)が歌ったのは、
ドヴォジャーク作曲の歌曲「ジプシーの歌」。

伴奏ピアニストは、東洋人らしかった。
この方が弾いたもう一人の女性(カナダ人)は、
これまたドヴォジャーク作曲のオペラ「ルサルカ」から、
月に寄せる歌。


この日のこの出会いが、
この曲と、
このピアニストとの出会いが、
もう一度最初から、原点から学ぼう、
やり直そう、
と決心させてくれることになった。





私は、ついてる。


ありがとう。

私は夢を見た2018年10月04日 12:55

今朝、起きる直前まで夢を見ていた。

私は、ほとんど夢を見ていないと、
言い切るぐらい覚えていない。

夢は、普通にみんな、毎晩見ている、
という話も聞く。
それを日記につけるといい、
とも聞くし、
潜在意識との関係がある、
とか、
フロイトの夢判断、とか、
本当に昔から、
たくさんの人が不思議に思い、
研究されてきたのだと思う。


でも、覚えていないのだ。


ところが、今朝は珍しく覚えてる。
。。。いや、そろそろあやふやになっているけれど、
多分夢の続きのまま、にっこり起きたんじゃないか、
と思ってる。


明石家さんまさんと、あの調子でおしゃべりしながら
おにぎりを握ってる夢。
シャケである。

本当におかしくって、楽しかった。


。。。何のお告げだろうか?



ということで、今日の一枚は、
彼のHPの写真を載せさせていただこうと思う。
。。。と思ったのだけれど、差し替えます。

呼吸と血圧2018年10月02日 21:01


健康診断に行って来た。

職場へ提出しなければならない事もあるけれど、
ちょっとは、受けておきたい。


職場で受けることも出来たのだけれど、
それだと血液検査が入っていない。

これはちょっと受けてみたかった。



この2、3回、最初の血圧が高めに出るのだ。

前回のお医者様は、
「白衣を見て緊張するタイプのようですね」
と言って、
最後にもう一度図ることになった。



元々は低血圧だったのだ。

その上、貧血でもあったので、
血圧で引っかかるなんて、思いもしなかったのだ。


今日も案の定、ちょっと高めですね。
と言われる。

心電図の結果を見ながら、
緊張するタイプかな?

あ、今朝食べていないからお腹も空いてるね、
などどつぶやきつつ。。。

ここから、もう一度図りますね。
と昔ながらの手でプシュプシュするタイプを使って、
先生が計ってくれた。
さっきのは、自分で機械で計ったものだ。


はい、息を深くゆっくり吸ってー
はい、ゆっくり吐いてー
はい、繰り返して下さいねー


ふふふ、
これは得意である。

全身のCTを取ったときは、
ゆっくりしすぎて、もっとリズムカルに出来ませんか、
と怒られたものである。


そんなことを思い出していたら、
あ、下がってきたね。
これなら、問題なさそうだ。


そう、呼吸で血圧が下がったのだ。


(これは、あくまでも、
白衣を見て緊張する人の、
それが緊張の理由で血圧に
影響が出ている場合に限った話である。
他に、問題がある場合などは、
まったくもってこの限りではない。)


こんな事が自分に起きるのだ、
と感慨深いものがあった。


冷静に考えてみれば、
そうなのだ。
いつもWSなどでお話しさせて頂いていることじゃないか。


まあ、病院での緊張って、
独特のものではあるけれど。。。


と言うことは、
お医者様の雑談が功を奏したのかもしれないけれど。


病気からくるものでなければ、
血圧は、本当に繊細に数値が変わるようだ。


今日の1枚は、
撮ってあるものから、
呼吸がゆっくり深くなりそうなものを探してみた。
利根川の夕暮れである。
フランスの誰かの絵みたいでしょう?


いつもエレガントに落ち着いていたいものだけれど、
いろいろに心が動くこともまた、
人としてみずみずしいようにも思う。