鼻はスピーカー2017年11月19日 22:21


お風呂で、鼻歌を歌っていた。


母音から歌い出すことについて考えていた。

母音から歌い出すって、
思いの外、むつかしい。
子音があった方が、助けになることが多い。

日本語だと、鼻の響きって気にしなくても話せるし、
余り意識しないことかもしれないけれど、
鼻の中は空間であるからして、
スピーカーの役割も果たしていると考えると、
声を響かせることができたりします。

人によっては、
のどの負担を減らせることにも繋がります。

結構、大事。




あれ。。。


いつもの鼻の響かせどころより少し前に、
もう一つ、
いや、そうじゃなくて、
ただいつものポイントを
もう少し前にした方が良い、
と言うことかもしれないのだが、
なんだか、新発見した!
良い響きの洞窟。


ちょっと、
いや、結構、っていうか
かなり嬉しい。


と言うことで、今日の写真は、これです。