そもそも、何故チェコスロヴァキア歌曲を歌うのか?2018年11月11日 23:10


その1)


そもそも、
である。


私は、一度歌をやめようと思ったことがある。
向いてない。
もう、無理。。。


この写真を撮った次の年ぐらいかと思う。
今から、20年弱前のことだ。

車を運転していて、赤信号で止まっていた。
まだ赤なのに、後ろの10トントラックが、
前に出たのだ。

たったそれだけ。
彼の車は殆ど何でも無いけれど、
私の車は後ろのトランクは、
使えないぐらいへしゃげていた。

私は、大丈夫と思ったのだけれど、
夕方には、身体中が痛いし、微熱は出るし。

むち打ちである。


全治二ヶ月と言うけれど、
完治には結局半年かかった。
でも「完治です」と言われても、
昨日と、さっきと全然変わっていない。


でも治ったんだから、歌ってみよう。


あれ、どうやって声って出すんだっけ?
最初の一声って、どうやるんだっけ?
どうやって立つんだっけ?


何もわからなかったのだ。
何も、わかっていなかったのだ。


事故に遭ったことより、
びっくりだ。
哀しかった。


この頃、練習するって怖かった。
どうして良いか、わからなかった。
昨日と何も変わらない。
全然うまくならない。
苦しいし。
当たり前だけど、気持ちよくない。




勇気を出して参加したワイマールのセミナーでは、
さんざんだった。
(当たり前だ。。。)
今夜のコンサートを聴いてもう、帰ろう。
その日は、別のクラスの卒業コンサートだった。


60〜70歳ぐらいに見える女性が、歌った。
真っ赤な口紅で、藤色のドレス。

涙が止まらなくなった。


・・・私、この人ぐらいの年になった時に、
どうしているだろう。
こんな風に、楽しそうに
幸せそうに、キラキラしてるだろうか?

歌っているのか?

歌っていられるのか?

歌っていなかったら?




その時に彼女(ドイツ人)が歌ったのは、
ドヴォジャーク作曲の歌曲「ジプシーの歌」。

伴奏ピアニストは、東洋人らしかった。
この方が弾いたもう一人の女性(カナダ人)は、
これまたドヴォジャーク作曲のオペラ「ルサルカ」から、
月に寄せる歌。


この日のこの出会いが、
この曲と、
このピアニストとの出会いが、
もう一度最初から、原点から学ぼう、
やり直そう、
と決心させてくれることになった。





私は、ついてる。


ありがとう。

呼吸と血圧2018年10月02日 21:01


健康診断に行って来た。

職場へ提出しなければならない事もあるけれど、
ちょっとは、受けておきたい。


職場で受けることも出来たのだけれど、
それだと血液検査が入っていない。

これはちょっと受けてみたかった。



この2、3回、最初の血圧が高めに出るのだ。

前回のお医者様は、
「白衣を見て緊張するタイプのようですね」
と言って、
最後にもう一度図ることになった。



元々は低血圧だったのだ。

その上、貧血でもあったので、
血圧で引っかかるなんて、思いもしなかったのだ。


今日も案の定、ちょっと高めですね。
と言われる。

心電図の結果を見ながら、
緊張するタイプかな?

あ、今朝食べていないからお腹も空いてるね、
などどつぶやきつつ。。。

ここから、もう一度図りますね。
と昔ながらの手でプシュプシュするタイプを使って、
先生が計ってくれた。
さっきのは、自分で機械で計ったものだ。


はい、息を深くゆっくり吸ってー
はい、ゆっくり吐いてー
はい、繰り返して下さいねー


ふふふ、
これは得意である。

全身のCTを取ったときは、
ゆっくりしすぎて、もっとリズムカルに出来ませんか、
と怒られたものである。


そんなことを思い出していたら、
あ、下がってきたね。
これなら、問題なさそうだ。


そう、呼吸で血圧が下がったのだ。


(これは、あくまでも、
白衣を見て緊張する人の、
それが緊張の理由で血圧に
影響が出ている場合に限った話である。
他に、問題がある場合などは、
まったくもってこの限りではない。)


こんな事が自分に起きるのだ、
と感慨深いものがあった。


冷静に考えてみれば、
そうなのだ。
いつもWSなどでお話しさせて頂いていることじゃないか。


まあ、病院での緊張って、
独特のものではあるけれど。。。


と言うことは、
お医者様の雑談が功を奏したのかもしれないけれど。


病気からくるものでなければ、
血圧は、本当に繊細に数値が変わるようだ。


今日の1枚は、
撮ってあるものから、
呼吸がゆっくり深くなりそうなものを探してみた。
利根川の夕暮れである。
フランスの誰かの絵みたいでしょう?


いつもエレガントに落ち着いていたいものだけれど、
いろいろに心が動くこともまた、
人としてみずみずしいようにも思う。

季節がわりのこの時期は2018年09月28日 19:10



昨日、朝起きたら、頭痛がした。
前の夜、ちょっと喉が痛いような、寒いような感じがあって、
首を温めて、漢方薬を飲んで寝た。

んー、ちょっと半休もらうことにした。


夕方、立て続けにちょっと哀しいニュースが二つ届く。

んー、俄然練習する気になる。


練習が終わると、
なんと頭蓋骨の形が整っていて驚いた。
これぞ、ヴォーカルボディワーク!


さて、今朝起きた。
頭痛。。。
昨日とは違う。
これは目の使いすぎ。
っていうか、だから肩こりでもある。
たまにしてしまう。


ちょっと我慢して、
頑張ってパソコンなんぞしていたら、
顔が痛くなり、気持ち悪くなり、ぐるぐるしてきた。

あー、こりゃダメだ。
お腹も空いてきてるのに。
というか、お腹空いてるのも良くない。

急いで、冷蔵庫にあるものを口に入れて、
頭痛薬と漢方薬を飲んで横になる。

1時間もの間、瞬きしなかったようで。。。


最近の私は、とても薬の効きが良い。

動けるようになったので、
さっきの続きの食べ物を食べ、
買い物へ出た。

そう、こんな風な時は、歩いた方が調子が良くなる。
歩いて、体を緩ませる。


季節の変わり目は、
胃腸の調子、粘膜、睡眠、
などが、ちょっとおかしくなるものらしい。
浮腫が出たり、風邪をひきやすくなったり。

うっかり、季節の変わり目を忘れていると、
体調を崩す。


丁寧に水分をとったり、
休憩したり、
多めに寝たり、
ぼーっとしたり。

自分に合った養生法を見つけておくと良いと思う。

何日も寝込んでしまわないように、
ちょっとずつ、リセットの時間をとっておきたいものだ。

さて、今日の一枚は、
今は亡きパトラッシュ。
娘の大学に良く遊びにきていて、
これは娘の手から食べてるところ。
私は、この時ここにいて、これを実際見て、撮っている。

びっくりした。
いつか会いたいと思っていた、
本物のパトラッシュ、でした。

田端で声のアンチエイジング2018年09月24日 23:27


10月5日金曜日19時から
です。
要予約です。

連絡、くださいね。


お若いのに、声が老化している方
お顔はエイジングケアしていても、
声が老化している方。

そもそも、
声の老化ってどういうことか、
ときかれたとき、
お年寄りをイメージして、
声を出してみてください、とお願いしてみる。

えー、とおっしゃりながらも、
声を潰したり、低い声にしてみたり、
試して下さる方がいる。

そうですよね、
しわがれた声、低い声は、老化を感じさせると、
私も思う。

使いすぎた声と、老化した声が似ているのは、
なんだか、納得してしまったりする。

年齢的にホルモンなどの変化の影響を
声も受ける。
でも、筋肉の衰えも声の老化に繋がるのだ。

だから年齢が若くても、
筋肉をあまり使わずに、
もしくは、あまり使えずに出した声は、
老化を感じさせることが多い。

だから、筋肉を正しく、正しい量を使えば、
アンチエイジングになるはずである。


声は、
自分の内側の声と外側の声を同時に聴いているので、
客観的に聴くことが難しい。

ほら、録音した声を受け入れたくない、
ように。

なので、ちょっとややこしい。
恥ずかしいし。

でも、みんなと一緒なら?

ということで、
WSという形は、とても気持ちが楽に
お受けいただけるのじゃないかと思う。
初心者の方にもオススメだ。

みんなで語り合うこともできるし。
同じ感覚の方と話せると、
コンプレックスと感じていたことも、
案外、そうじゃないと思えたりすることもあるようだ。


一緒に試してみませんか?

ピンクなリボンでWS2018年09月22日 19:44



ご縁があって、
こちらの学習会でヴォーカルボディワークをさせて頂いた。
ありがたいことでした。


私が見つけたほんとのことをお伝えすることが、
小さくても助けになるのなら、
こんなに嬉しいことはない。
これらのことは、私を助けてくれたことでもあるから。


誰でも、知りたい欲を持っていると思うけれど、
でも、一人だと、
どこにそれがあるのか、
どうやって探すのか、
それは安心なのか?
などなど、
躊躇してしまうことも多いかと思う。

しかし、このような会で、
準備してくださると、
参加しやすいのだと思う。

マッチングしてくださった方々に、
改めて感謝したい。


歌うことが久しぶりの方も、
腹式呼吸の仕組みに驚いた方も、
声と足の裏が関係してると実感されたことも、
みんなで歌うことって楽しいと感じた方も、
体をちょっと活性化すると、
声がこんなにも違うと、
自分声でも、他の方の声でも気づいた方も。

みんなみんな、
あの時、あのメンバーでの空気感で味わえたことだ。

WSは、一期一会なんである。

こちらがこの内容、と準備していても、
その場の力で、引き出されることも多いのだ。

それはWSの醍醐味でもある。

それぞれの会場で、
その時の空気に引っ張られる感じは、
なかなか楽しいものだ。


とても幸せな時間でした。
ありがとうございました😊