そもそも、何故チェコスロヴァキア歌曲を歌うのか?2018年11月11日 23:10


その1)


そもそも、
である。


私は、一度歌をやめようと思ったことがある。
向いてない。
もう、無理。。。


この写真を撮った次の年ぐらいかと思う。
今から、20年弱前のことだ。

車を運転していて、赤信号で止まっていた。
まだ赤なのに、後ろの10トントラックが、
前に出たのだ。

たったそれだけ。
彼の車は殆ど何でも無いけれど、
私の車は後ろのトランクは、
使えないぐらいへしゃげていた。

私は、大丈夫と思ったのだけれど、
夕方には、身体中が痛いし、微熱は出るし。

むち打ちである。


全治二ヶ月と言うけれど、
完治には結局半年かかった。
でも「完治です」と言われても、
昨日と、さっきと全然変わっていない。


でも治ったんだから、歌ってみよう。


あれ、どうやって声って出すんだっけ?
最初の一声って、どうやるんだっけ?
どうやって立つんだっけ?


何もわからなかったのだ。
何も、わかっていなかったのだ。


事故に遭ったことより、
びっくりだ。
哀しかった。


この頃、練習するって怖かった。
どうして良いか、わからなかった。
昨日と何も変わらない。
全然うまくならない。
苦しいし。
当たり前だけど、気持ちよくない。




勇気を出して参加したワイマールのセミナーでは、
さんざんだった。
(当たり前だ。。。)
今夜のコンサートを聴いてもう、帰ろう。
その日は、別のクラスの卒業コンサートだった。


60〜70歳ぐらいに見える女性が、歌った。
真っ赤な口紅で、藤色のドレス。

涙が止まらなくなった。


・・・私、この人ぐらいの年になった時に、
どうしているだろう。
こんな風に、楽しそうに
幸せそうに、キラキラしてるだろうか?

歌っているのか?

歌っていられるのか?

歌っていなかったら?




その時に彼女(ドイツ人)が歌ったのは、
ドヴォジャーク作曲の歌曲「ジプシーの歌」。

伴奏ピアニストは、東洋人らしかった。
この方が弾いたもう一人の女性(カナダ人)は、
これまたドヴォジャーク作曲のオペラ「ルサルカ」から、
月に寄せる歌。


この日のこの出会いが、
この曲と、
このピアニストとの出会いが、
もう一度最初から、原点から学ぼう、
やり直そう、
と決心させてくれることになった。





私は、ついてる。


ありがとう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://noriko-sugimori.asablo.jp/blog/2018/11/11/8996123/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。