サロンコンサート20182018年09月15日 23:45

サロンコンサートのお誘いです。

昨年は、ちょっとしたトラブルで、
できませんでしたが、
今年は、開催です!

昨年予定していたチェコ歌曲。
ドヴォルザークの6つの歌曲を、
全曲チェコ語で歌わせて頂きます。

もう一つ。
トルナウスキーという
スロヴァキアの作曲家の作品。
「小さな花々」から5曲。
スロヴァキア語で歌わせて頂きます。

他に、日本の歌や、
イタリア古典歌曲、ドイツの歌など。。。



チェコ語とスロヴァキア語。
元々は一つの国だったことがあります。
お互い、それぞれの言葉で話していても、
話が通じるそうです。

多分、感じとしては、
私たち日本人が関西弁と関東弁とで
話してるようなものでしょうか。

発音も、文法も似ている、
というか、方言、ぐらいの差かもしれません。


歌うには、書かれている通り、
できるだけ忠実に歌うところですが、
CDなどを聴いてみると、
何分方言に近いので、
少し潰れる?発音などもあるようです。


でも、私は外国人になるので、
書かれてる通りに歌おうと思います。


彼らの言葉には、
母音(a e i o u)は私たちと同じようですが、
長い母音、というものがあります。
これは、長いなら長く発音しないと通じない。
大事なことです。

なんと、歌う曲は、
長い母音には長い音符が当てられて、書かれています。
そうでない場合、同じ音符でも長めに歌います。
長母音だよー、
とわかるように歌う。

この時代の歌う曲は、歌詞が先だった、
という証拠でもある。


興味深いでしょう?

元々、歌うための曲は、
詩が先にあった、ということです。

最近は、曲が先で詩を後から作る、
というか、付ける。
なぜ付けるかといえば、
音が先にあれば、字数の制限が出ちゃうから。

難しそうですよね。。。


これは、訳詞で歌うときにも
同じことが起きているわけです。
それで、ちょっと違和感を感じることって、
ありませんか?


音楽と言葉。
両輪で、どちらも大事なもの。
どちらも一緒に操れるのは、
人間の特権です。
だから、文化で文明。

歌って、すごいでしょ?

エディタ・グルベロヴァ2018年09月14日 22:44



彼女が来る。

まだ学生だった頃、
憧れた人。

練習していけば、
いつかこんなふうに、
軽やかに、らくらくと、キラキラと歌えると思ってた。


金属のような響きがあるのに、
柔らかで、エレガントな歌声。


でも、ただ練習をしていても、
こんな声は出せないことは、
やがて私にもわかる日が来た。

同じ人なのに。
何が違う?
どうすれば良い?


ある時、目の前に歌っている人が、
同じ響きを持った声だと気づいた。

え。。。。
同じ発声法なのか?
こんな人と会えたんだ。

そして、その人は、今私の先生だ。
この人にレッスンを受けるために、
スロバキアに行くのだ。

そう、二人ともスロバキア人である。
私の先生はメゾソプラノだけれど。。。


さて、また前置きが長くなったけれど、
日本での最終公演、と言われたコンサートは、
既に何年も前に終えているグルベロヴァ。
でもね、来月、来日する。
72歳になるそうだ。


その最終公演は聴き逃していまっている。
今回は、残り少なくなっていたけれど、
チケット取れた。

嬉しい😆


実はこの日、
生徒さんのおさらい会を予定していた。
でも、今回私のわがままを皆さんが快く聞いてくれた。
ありがたいことです。


また来月に限って、
会場の抽選に3日も当たっているわけである。
全く取れない月もあるのに。
ありがたいことだ。

もう既にわくわくである。

三色ボールペン?2018年09月11日 23:54


今日はいきなり今日の1枚。




少し前に夫がお土産に頂いたもの。

三色ペン?なのだけれど、
赤だけです。

太さの違う3種が一本になっています。



カープさんのグッズなので、
赤だけですって。



これ、学校の先生方にも嬉しいんじゃないかな。


赤はよく使うし、
太さも変えたいことが多いかと思う。


ちょっと
クスッとするプレゼントですね。




私はこのような、
気の利いたプレゼントが
余り上手ではないと思っている。


選ぶのも、
手渡すときも、
スマートとは言えないと思う。

大人のたしなみかとは思っているのだけれど、
たくさん渡せば良いというものでもないし、
いつでも良いというわけでもない。


何か、賄賂みたいになっても嫌だし。。。




とか、考える辺りが既にスマートじゃない。


。。。むつかしい。。。

かなしい気持ち2018年09月10日 23:46



ある所で、ある人が

レチタティーヴォは拍がない

言っているのを聞いた。

レチタティーヴォとは、
オペラなどに出て来る、
メロディがついたセリフのようなものである。
ちなみに
オペラの中の歌はアリアという。
どちらもちゃんと、拍子と小節線のある楽譜に書かれている。



そうして、もう一つ。
少し前だけれど、
歌の方が、ちゃんとしたテンポとか、
拍とかいうのは奇妙に感じる。
自由に伸ばし、自由にブレスをするじゃないか
と言われた。


どう言えば、伝わるのだろう?
何を話せばいいのだろう?

私たちの何が足りなかったのだろう?


まずは、世界の大家の演奏を聴いておくれ、
と言いたいところだが、
このお二人とも、
大きな意味で音楽界の方なんである。


このようなことが、
きっともっとあるんだろう。


。。。どうすればいいのだろう?
何ができるんだろう?




今日の一枚。
廃墟の中から、空を見上げるの図。

2種類の痛み2018年09月09日 23:31


先日のレッスンで。
左右の肩の高さが違う方の話を書いた。

この方に、その場で軽く
セルフ整体を試みて頂いた訳だ。

その時に、動かすと痛い、
と仰る。


普段から、太極拳やゴルフや、
結構からだを動かしている方である。

そのような方は、
痛みにある意味敏感だ。


まず、怪我したくないからであると思う。



そこで、気をつけて頂きたいことがある。

(書いたところでどうなんだ?
と言う気もするのだけれど、
知っているといいことだと思うのだ。)


筋肉を動かして痛みがある場合、
2種類考えられると思っている。

一つは、外科的に、
故障というか、怪我というか、
をしていて、痛い。

もう一つは、
今まで余り動かしてこなかった筋肉を
使おうとしての痛み。


どちらも大切なことは、
急激に動かしたりせず、
様子を見つつ、静かに動かすこと。


そして、見極めとしては、
まず、怪我や故障をするような心当たりを探す。
無いようであれば、
少しずつ無理のないように動かしてみて、
段々、痛みが減る場合や、
動きやすくなる場合。
これは、2つ目の方である可能性が高い。

ゆっくり、機械に油を差して様子を見るように、
動かしてみるといいかと思う。


まあ、文字で書いても
わかりづらいことゆえ、
本当に無理に、急にはしないでくださいね。


この場合でも、次の日やその次の日あたりに、
筋肉痛が来ることもある。
私の場合、
ロルフィングをいう施術を受けるとその場で、
今まで固くなっていた筋肉を伸ばした分の筋肉痛が、
やって来たものだ。


痛みには、とても個人差がある。

痛みの感覚は、本当に個人的である。
気のせいレベルであっても本人は痛いのだし、
怪我があれば、もちろん痛い。

女性の方が痛みに強い、などということも聞く。


だからこそ、
自分の痛みの感覚には丁寧に向き合って欲しい。


概ね、
筋肉痛は、自分で筋肉痛と感じることができる。


しかし、怪我の痛みと、
眠っていた筋肉が動き出すときの痛みは、
痛さ的に近い。
どちらも筋肉が痛い、と言う意味で同じなのだろうか。

リハビリは痛い、と聞くものね。。。
マッサージも痛い時代があったではないか。。。


どちらか、迷うなら
心配ならお医者様へ行こう。


でも、動き始めで痛いことを怖がっていると、
いつもの、身体の使い方を直せない。


微妙なことですよね。


2種類ある、と気づいていると
自分との会話が楽になると思う。


お医者へ行くタイミングは、
早めに決めて下さいね。



さて、今日の1枚。
前出のスピシュ城を持ち上げておりまする。
筋肉のお話なので、乗せてみました。
ご本人の許可を得ています、はい。