そもそも、何故チェコスロヴァキア歌曲を歌うのか?2018年11月14日 23:53


その3)


そもそも、
の続きである。


二度目にあったピアニストと、
新しい先生のお宅へ伺う。

歌う。


「いいわ、レッスンいたしましょう。
ただね、身体を動かすお習い事を、
水泳でもダンスでも、いいから、
何か始めたら、連絡を下さいね。」



びっくりだ。


私はすぐに近所のジムへ入るのだ。
水泳も、エアロビ(!)も、ヨガでも、何でもある。


そして、ふと「気功」のお知らせを見つけるのだ。


そして、このヨガと気功。
この二つが私を助けてくれることになる。


気功は、一旦クラスが無くなるも、
整体師養成クラスへ通い、認定まで頂く事になる。





思えば、高校生の時。
受験のために始めた声楽。
このときの先生が、からだを創ることからする方だった。
当たり前に、そりゃそうだと思っていた。


そしてグルベロヴァーのCDを聴き、
憧れたのだ。
いつか、こんな風に身体が鳴っているような、
鉄を咥えて歌っているような響きの声が出ると。


グルベロヴァーは、スロヴァキア人。
今の私の先生も、スロヴァキア人。
なんと同じ音大の卒業である。



さて、身体を動かすお習い事を始めた私は、
次のお習い事は、
チェコ語である。


ドヴォジャークを歌おう、
と調べてみれば、チェコ人じゃないか。
あのとき、ワイマールからチェコへ着いた途端、
同じアルファベットなのに、
何も読めない言葉。
地名すら読めない、あのチェコ語、である。


東京で見つけた、習えるところは2カ所。
どちらも途中入会は、受け付けていない。
4月新規開講を待つことになる。


そして、このチェコ語の先生も、
ものすごい方だった。


私が、JAMUで初めて歌ったとき、
信じられない、と言われた発音の正しさは、
彼のお陰である。



こう書いてみると、
本当に先生に恵まれてきた。
人との出会いが繋がって、
今の私があるのだ、としみじみ思う。




私は、本当にとてもついている。


ありがとう。



今日の写真は、チェコの民族楽器というより、
東欧系の、かもしれない。
ツィンバロン。
弦楽器で打楽器。
ピアノもそうなのだけれど、
でも全然違う音。大好きな音。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://noriko-sugimori.asablo.jp/blog/2018/11/14/8998990/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。