呼吸と血圧2018年10月02日 21:01


健康診断に行って来た。

職場へ提出しなければならない事もあるけれど、
ちょっとは、受けておきたい。


職場で受けることも出来たのだけれど、
それだと血液検査が入っていない。

これはちょっと受けてみたかった。



この2、3回、最初の血圧が高めに出るのだ。

前回のお医者様は、
「白衣を見て緊張するタイプのようですね」
と言って、
最後にもう一度図ることになった。



元々は低血圧だったのだ。

その上、貧血でもあったので、
血圧で引っかかるなんて、思いもしなかったのだ。


今日も案の定、ちょっと高めですね。
と言われる。

心電図の結果を見ながら、
緊張するタイプかな?

あ、今朝食べていないからお腹も空いてるね、
などどつぶやきつつ。。。

ここから、もう一度図りますね。
と昔ながらの手でプシュプシュするタイプを使って、
先生が計ってくれた。
さっきのは、自分で機械で計ったものだ。


はい、息を深くゆっくり吸ってー
はい、ゆっくり吐いてー
はい、繰り返して下さいねー


ふふふ、
これは得意である。

全身のCTを取ったときは、
ゆっくりしすぎて、もっとリズムカルに出来ませんか、
と怒られたものである。


そんなことを思い出していたら、
あ、下がってきたね。
これなら、問題なさそうだ。


そう、呼吸で血圧が下がったのだ。


(これは、あくまでも、
白衣を見て緊張する人の、
それが緊張の理由で血圧に
影響が出ている場合に限った話である。
他に、問題がある場合などは、
まったくもってこの限りではない。)


こんな事が自分に起きるのだ、
と感慨深いものがあった。


冷静に考えてみれば、
そうなのだ。
いつもWSなどでお話しさせて頂いていることじゃないか。


まあ、病院での緊張って、
独特のものではあるけれど。。。


と言うことは、
お医者様の雑談が功を奏したのかもしれないけれど。


病気からくるものでなければ、
血圧は、本当に繊細に数値が変わるようだ。


今日の1枚は、
撮ってあるものから、
呼吸がゆっくり深くなりそうなものを探してみた。
利根川の夕暮れである。
フランスの誰かの絵みたいでしょう?


いつもエレガントに落ち着いていたいものだけれど、
いろいろに心が動くこともまた、
人としてみずみずしいようにも思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://noriko-sugimori.asablo.jp/blog/2018/10/02/8967992/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。