かなしい気持ち2018年09月10日 23:46



ある所で、ある人が

レチタティーヴォは拍がない

言っているのを聞いた。

レチタティーヴォとは、
オペラなどに出て来る、
メロディがついたセリフのようなものである。
ちなみに
オペラの中の歌はアリアという。
どちらもちゃんと、拍子と小節線のある楽譜に書かれている。



そうして、もう一つ。
少し前だけれど、
歌の方が、ちゃんとしたテンポとか、
拍とかいうのは奇妙に感じる。
自由に伸ばし、自由にブレスをするじゃないか
と言われた。


どう言えば、伝わるのだろう?
何を話せばいいのだろう?

私たちの何が足りなかったのだろう?


まずは、世界の大家の演奏を聴いておくれ、
と言いたいところだが、
このお二人とも、
大きな意味で音楽界の方なんである。


このようなことが、
きっともっとあるんだろう。


。。。どうすればいいのだろう?
何ができるんだろう?




今日の一枚。
廃墟の中から、空を見上げるの図。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://noriko-sugimori.asablo.jp/blog/2018/09/10/8958842/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。