スピシュ城2018年09月01日 23:40



スロバキアにある、
スピシュ城に行った時のことである。


最初に行こうと思った日は、
暑すぎて諦めた。
日陰がない上り坂である。
レッスンの後、
次の日もレッスン、であるので、
ちょっと慎重である。

その次の日は、
なんと雷。

このペンションでも、ちょっと高いところなので、
山の天気は、変わりやすい?のかと思ってみたり。

そして、3日目。
ちょうど気温も下がったし、
時間もある。
さあ、行こうじゃないか!

このペンションは、
そもそもここへ登る人が泊まるのだ。
自転車で来てる方も多く見た。


このスピシュ城。
廃墟である。
私たちの泊まった部屋から、
よく見え、
夜はライトアップされているのだ。


ラピュタみたいに、浮かんで見える。

この中には、博物館もある。
行ってみると大きい。

入場料も必要である。
売店もある。
この日は、戦闘モノ?の撮影もしていた。

この私でも登っておりられる。
いくつかルートがある。
でも、特に表示はない。
まあ、勘で行っても見晴らしもいいので、
なんとかなるのではないか?

ナイトツアーもあり、
夜は、イベントもあるようだった。

本当に古く、高い。

冬は寒かろう。

一体、どんな方々が、
どんな風に時間を過ごしていたのだろう。

今のここは、あまりに清々しくて、
怖さや、嫌な感じはしなかったな。

展示の中には、拷問セットもあったけれど。。。


ここの上から、
りんご村も先生の村も見つけることができた。


ここに来て、いろいろ感じること、
思うことってあるのだけれど、
でも、まとまらない。

なんだか、大きさに圧倒され、
いろいろが些細なことに思え、
空へぼやけて行くようだった。

こんな気持ちって、久しぶりだった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://noriko-sugimori.asablo.jp/blog/2018/09/01/8954626/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。