受けて良かったレッスンにするために 42018年07月09日 23:48



今日は、一年生のレッスン日。


一人目が、山場にさしかかっていて、
ちょっとレッスン時間が長くなってしまった。


二人目は、同じ所がどうしても弾けなくて、
ここで練習を始めていて、
終わるタイミングが難しく、
やはり長くなってしまった。


例によって、
後の方の学生のレッスン時間が、
短くなって行く。


とうとう、最後の学生は、
チャイム5分前で始まり、
休み時間に食い込むことになってしまった。

申し訳ない。。。


すると、
「○チャンのレッスン見たい。
一緒に入って良い?」
「○チャンが良いって言ったらいいよー」

ということになって、
二人見学者が入ることになった。



バイエルは滞りなく済んで、
弾き歌いは、「どんぐりころころ」。
そこで、○チャンは言った。
「はい、みんなで歌って」

おおー
なんと自然な流れ。


そして、「いいよー、歌う歌う」という見学者たち。


この○チャンは、とても良く弾ける。
そして、センスが良い。
勘も良い。
そして、ちゃんと練習もする。


だから、このような流れになっても心配ないし、
このような流れを自然に作れるのだろう。



そこは、小さな教室になった。



受けて良かったレッスンって、
私が提供するだけじゃないんだな、と思う。

受講者が作る部分もあって、
それは結構大きいことなのだ、
と気づかされる。



いろいろと。。。
将来が楽しみである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://noriko-sugimori.asablo.jp/blog/2018/07/09/8912838/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。