初めてのマイクを買うの巻2018年07月01日 23:34


なんと、マイク
を買ったんである。

あんなに、毛嫌いと言うぐらい、
触らないようにしていたものである。

しかし、この所のカラオケ通いにより、
感覚が変わったんである。



どれを買うべきか?

もう、本当に何にもわからないし、
勘すら働かない状態である。
よく売れているもの、
人気のあるもの、
と言うことを信頼して決めた。

何しろ、うちには
しろいみどり  こと ゴン太君が来たので、
マイクも買うことにしたんである。
録音を録りたいと言うこともある。

(マイク的には、
この二つを両立させるのは難しいようであるが。。。)



再入荷したらしいのだが、
今日はそれも最後の一つになっていたそうで、
次の入荷を待つことにした。


まだ時間がたっぷりあるんである。
いや、いるんである。

ゴン太を使うための
iPadの設定もまだなんであるからして、
私のゴン太生活は、
もう少し先に始まる。


そして、マイクスタンド。

。。。なかなか準備がいるんである。

弾き語り用に斜めになるだけでなく、
立って歌うときにも使えるように、
まっすぐにもなる物を選んだ。



私、
マイク、
使う気満々じゃないか。。。  くすくす

花茶2018年07月02日 22:43

先日来、話題のお花茶。

造形茶、とか
工芸茶、とか
とも呼ばれているそうな。


早速一つ、試してみた。
お茶の名前は、「吉慶一点紅」。
千日紅=センニチコウというお花のお茶。
おめでたい名前なので、
結婚式などにも使われることもあるそうだ。


このお花の効用は、
止咳定喘(咳を止めて呼吸困難、喘息を改善すること)、
清肝散結(できもの、塊を解消すること)、
調経(生理の調整)、
養顔(美肌)効果、
ですって。


別のページには、
油を流す、とも書かれていた。
確かに、飲むとすっきりした。

私は余り食べながら水分は取らないんだが、
これは、食事にも合うように思う。



あと、リラックス効果って。
そう、これはグラスの中を見ながら飲んだら、
香りを楽しんだら、
味も、お湯を足す度に微妙に変わるので、
いろいろ楽しめて、良いと思った。




ほお。。。
そうなんだ。。。



もう一つ、八宝茶も試してみた。(この写真は撮ってない。。。)
こちらは、小さい氷砂糖が入ってて、ほんのり甘くなる。
思った通り、コラーゲンな感じがした。
ちょっととろみがある。
白きくらげの効果が大きいように思えた。



そういえば、
紹興酒にも氷砂糖を入れるのをみたことがある。


昔、家で煮出した麦茶に
砂糖入れてる人がいたっけな、
なんて思いだした。



今、ちょっとググってみたけれど、
中国茶、漢方茶、薬膳茶。。。
専門的な違いはわからないのだが、
いろんな情報が、
日本語で手に入るようになったんですねぇ


私が気功を始めた頃は、
自分で情報を集めるなんて、まず思いつかなかったし、
ネットを探しても、
見つけることが難しかった。

20年ぐらいの間に、すごいことになってた。
ありがたいことです。





そう、中国茶はお湯を足して飲めるんである。
レストランでも、
無料でお湯を足してくれるところが多いように思う。
これは大陸的で、おおらかで、
楽しいシステムよね。。。

短冊に願い事2018年07月03日 23:29


駅向こうのスーパーへ行ったら、
大きな笹があり、
自由に願い事の短冊を書いて、
飾れるようだった。

毎年見かけるようにも思うんだが、
なかなか、私が書くことはしなかった。


でも、今日は、書いてみた。


空いてたんである。


時間帯もあったのだろうが、
私しかいなくって、
恥ずかしい、
とか、恐縮せずに、
ゆっくり書いて、
ゆっくり結んできた。




叶うと良いな。。。

受けて良かったレッスンにするために 2 八分音符と十六分音符を弾きわける2018年07月04日 23:07

今日は、学校でのピアノレッスンの日。

二年生は、2週間保育園実習に行ってきたところである。


学生によっては、昨日まで、という日程のこともあり、
お疲れモードではある。



この4月から受け持ったKさんは、
ピアノ初心者で入学した。
私との1回目の授業では、
「ピアノは弾けません。わかりません。」
と指が震えていたものである。


しかししかし。
とても丁寧に練習をしてくる学生で、
実習前に、タイミング良く「朝の歌」が、仕上がった。
「せんせいおっはよ  みっなさっんおっはよ」
の曲である。

「これ、弾かせて頂けるチャンスがあるといいね」
「でも、保育園だから、ないかー」
「弾ける?ってきかれたら、はいって言えるねー」
と話していたら、
なんとチャンスが来たんである。

「朝の歌、弾かせて頂けたんです!」
「褒めて頂けて、何日か続けて担当できたんです」
「なんか、他にも頼まれたりして。。。」
と、ほんとに嬉しそう。

ほお。。。
顔がきりり としているよ。
自信を持って帰ってきたんだね。


「じゃあ、またこの曲聴かせてくれる?」

すらすら、と弾くんである。
経験と自信に裏付けされ、
ますます上手になっているではないか。。。


が、しかし。
この曲は、後半の「おーはよ おっはよー」
の所に、ポイントがある。
1カ所だけ、八分音符の所があって、
楽譜通りに弾くとなると、
他の、付点のペアの十六分音符とは弾き分けねばならない。

で、今、彼女は全てを十六分音符で弾いた。
そう。
現場では、この方が多いと思う。
別に不都合があるわけではないんである。
慣習的に、もう、そうなっていたりするわけで。

でもでも、試験となると楽譜通りが大事になる。


4月から、
私たちは「数えましょうキャンペーン」中なんである。
世界レベルで弾くんであるからして。。。
そして、彼女は、ずっとそれをしてくれている。
このはなしは、すぐに理解してくれた。

その場で、
これが付点のペアが全部十六分音符の場合、
で今度は、楽譜通り、
と弾いてくれる。


すごい!


これがあなたの今の実力です。
あなたの財産です。
どっちにも対応できるじゃないか!



あなたが正しく弾き歌うだけで、
それはもう、教育になるのだと思う。
大きな力なんです。
大きな支え。
あなたはそれができる。


実は今日、他にも良いことがあった。
学校の仕事、私気に入ってるんです。
一人一人短い時間だけれど、
良い時間。

ありがとうありがとう。

受けて良かったレッスンにするために 32018年07月05日 23:51



昨日の良かったことをもう少し。


男子である。
彼も、ピアノに不安がある。
何しろ、プライベートでも先生についているんである。
学校のレッスンに合わせて、
お稽古してくれるそうだ。
ありがたいことである。


彼もまた、
本当に丁寧に、
一生懸命に、真面目に練習してくるんである。

しかし、昨日はやはりお疲れモード。
しかも、実習中であったわけで、
いつもの練習ができなかった。


申し訳なさそうに来るんである。


しかし、これはチャンスなんである。



私はこんなとき、初見奏を提案する。
初めて見る楽譜を、弾くんである。


彼は実習前に一曲、試してあった。
その裏面の曲。

実は、この曲。
右手と左手が全く同じメロディー-を弾く。
これはポイント1。


そして、私と連弾するんである。
これがポイント2。

一緒に弾くと、
曲は4手分になるんだから、
シンプルな曲もちょっと豪華に、
かっこよくなる。
弾いていて気持が良い。
そして、二人だから、楽しい。

そう。
二人とも一緒に数えていないと、合わないんである。
楽しくなくなるんである。。。


と言うことで、
疲れた彼は、ぼーっと言われるままに弾く。
数えて弾く。
もう、キャンペーンも5ヶ月目になると、
習慣化する学生がいるんである。
彼のように。



あれ、1回で弾けちゃったね。


ね、かわいい曲でしょう?
子守唄。


あなたの良い所は、
テンポが変わらず、最後まで弾けること。
ちょっと不器用で、テンポ良く弾くのは、
まだ苦手っぽい。

でも、保育士さんの卵たちは
むしろゆっくり弾く練習をした方が良いのではないか?

速く弾くのは慣れればできる。


でもね、年齢に合わせて、
或いは授業内容に合わせて、
例えばリトミック的に使おうとすると、
ゆっくり弾く必要が出てくる。

数えて弾けてないと、
ゆっくり弾くことが難しかったりするんである。

驚くことには、ゆっくり弾くって、
どうすれば良いかわからなかったりするんである。
ちょっと不思議なようだが。。。


そして、あなたは今、新しい曲を初見で弾いた。
ね、これが今の実力です。
ハ長調であること。
四分の三拍子であること。
私と合わせようとする事で、自分の音だけでなく、
もう一つの音をきく耳の使い方ができたことにもなる。
そして、世界レベルで弾いたことになるんです。




ここまで、私は一気に話した。

彼はやっと、
ちょっと嬉しそうにはにかんだものである。


バイエルの真ん中ぐらいでも、
世界レベルの曲に仕上げられるんです。

彼が、しっかり数えられるからです。



ここまでになるのに、
あなたはとても頑張ったことと思う。
あと1ヶ月。
約束通り、
私は、一緒に数えるからね。
とても面倒なことだけれど、
ここは一つ、がんばろうね。