寒いときに代謝を上げる気功はいかが?2017年12月06日 22:26



今年最後の「みんなの音楽講座」の告知です。

寒いときに代謝を上げる気功をして歌おう  です。


まず、気功。
私は、
歌う楽器(からだ)の日々のメンテナンスや
より良くするためのあれこれを、
しているわけですが、
その時に、気功を使うことが多いです。


そもそも、気を功するってなに?

「気」はその人の持っているエネルギー。
実感しやすいものとしては、体温とか、元気度とか。。。
他にも、その方の持っている雰囲気、機嫌、
なども含まれるように感じています。

「功する」は、それを動かす。
とか、練習するとか、訓練する、と言った感じでしょうか?
とてもシンプルな、
怪我することの少ない、
小さな動きでも、できるんです。


人の身体の「気」は見えないですけれど、
その方の血流に乗って動く、と言われています。
だから、気を動かすことは血流を上げること、
でもあるわけです。
と言うわけで、代謝も上げられることになり、
だから寒いときこそ、暖まる気功はお奨めです。

一石何鳥も、お得感があると思われませんか?

暖まった身体は、生き生き動き、
のびのび呼吸ができます。
リラックスします。
その身体で、歌ったら気持ち良さそう、
と思いませんか?


気功をする前と後の声は、
ほんとに違うんです。
びっくりなぐらい、からだはぽかぽかで、
心もも声もふわふわです。



良かったらぜひご一緒に!

きっと、自分のからだのいろいろに
気づいてあげられることと思います。

自分で自分のメンテナンスする、って、
そんなにむつかしいことではないんですよね。
何か、良いきっかけにして頂けると嬉しいです。

あ、歌う曲は、クリスマスなので、
「きよしこの夜」
ご自分へのご褒美に、
美しく歌ってみましょうね。

一人カラオケ初体験でふらふらになるの巻2017年12月07日 19:05


昨年の大晦日にカラオケデビューした。
その後、娘と2回行った。

いつか、一人で!
が叶ったんである。


受付が怖いと思っていたのだが、
なんだか拍子抜けなぐらい、
親切に対応頂いた。

「明日の朝 5時までお使い頂けます。
では、ごゆっくり」


え。。。
家族にライン ライン。
娘 「え、やば・・・」
夫 「今夜は帰らないですか?」


さて、歌い始める前に、
まず機械と格闘するも、
慣れるんである。


次に問題なのは、歌うキーを決める事。
これが結構、時間がかかる。

でも、これを怠ると全然違うことになる。
大事なポイントです。
自分の歌も変わるし、
特に採点モードにする場合、
いくつか上下の違うキーで歌ってみると、
驚くぐらい、キーによっての違いを感じると思いますよ。
チェックしてみて下さいね。


さて、1曲を何回かずつ歌い、
キーを決めた。

やれやれ。

ん?  

何だっけ、この身体の感じ?
・・・そう、お腹空きすぎ。

リモコンで、チャーハンを頼む。

すぐ来る。

ほう、ちょうど良い量です。
この後、まだ歌うもんね。
食べ過ぎると、歌えなくなっちゃう。
このお腹の空き具合だと、
食べ切っちゃうな、っと思ったけれど、
これなら大丈夫大丈夫。


5曲を何度も。
録音を録りながら、
採点表を参考にしながら、
歌う。
歌う。

ああー
でも、もう無理。
集中力が出ない。
疲れた。


なんと、4時間が過ぎていた。

人生初の、1回の練習時間だ。。。


画面が大きすぎて、近すぎて、
目がぎゅーっとするし、
音を聞きすぎて、耳鳴りがしてるし、
音の震動のせいか、からだがわんわんして、
頭はぼーっとする。

もう、なんかの試合をしたぐらいの、
ふらふら感である。

初めての、気張りすぎです。



でも、たのしかったな。
こんな、まだ見つけてなかった楽しさがあったんだ。

だってね、伴奏してくれて、
何調でもすぐに演奏してくれて、
私は、歌に集中できて、
採点してくれて、
アドヴァイスしてくれて、
感想も言ってくれるなんて。。。


朝5時まではまだだいぶあるけれど、
帰ろっと。




あー。。。
練習内容について書こうと思ったのにな。

これはまた、次の機会に。

今日の写真は、
食べきったチャーハンのお皿です。。。