ロボットの進路変更2016年11月17日 18:19

ロボットが進路変更したことがニュースになっていましたね。
東大受験を断念するそうです。

理数系は、大丈夫なようですが
文系の読み取りが。。。
心がないのだから仕方ない と思いました。
まだ、心を作る方法は発見されていないもの。
方法が見つからないということは、
仕組みが解明されていないということでもある。
↑これは、「声」と同じですね。。。

でも、人間ならみんな心を持っています。
だから、持っているだけで、
仕組みが分からなくても育てる方法がいろいろあります。
まず、「生きて行くこと」が、大きく一つ、あるように思います。
経験は、人を、心を育てるとみんなが言います。
そして、音楽も経験の一つ。
もちろん、心を育てます。
音楽は、聴く経験も、演奏する経験も、練習する経験も、できる。
聴いているだけでも、癒やしてくれたり、応援してくれることもあります。

そして、この経験は耳と心だけでなく、空気を通して、
からだごとの体験になります。

聴力は、五感の中で最初に創られる感覚だそうです。
胎児は、お母さんの鼓動や声を中から聴いています。
まずはそのシンプルな音とリズムを。

そして、五音音階。
わらべうたや民謡は多くの国で、五音でできているものが多いのも、
興味深いですよね。

短調は、10歳で感じられるようになるとも言われています。

心は、生きてきた分の時間をかけて、繊細に育ち、
今も育ち続けています。
音楽は、すごい栄養となっています。
圧倒的だと思います。
たった八小節の音楽だとしても、何役もこなします。

このようにすてきなものが、今は、
その気になれば、いつでもすぐ側に感じられます。
すんごく使えるツール、だと思うんです。

今夜、どんな音楽を流したいですか?
どんな気分になりたいですか?
心に訊いて選んでみませんか?

弾き歌いピアノコース ご用意しました。2016年11月18日 15:51

「上手になるのには、長い時間がかかる」
そう思って、お稽古を始められない皆様へ

できるようになることと上手になることを、分けて考えてみませんか?
まず、できるようになる。しかも、できるだけ時間をかけずに早く。
上手になっていくのは、その後。
できたことを楽しみながらなされば良いのです。

では、どうすれば早くできるようになるのか?
まず、わかる。
そして試す。繰り返す。これだけです。
そして、繰り返していけば、上手になっています。
しかも、楽しみながら、です!
早くできるようになって、早く楽しみ始めて下さいね。
私がお手伝いいたします。


<1 弾き歌いピアノ入門コース全3回> 
まずは、ハ長調。弾いて歌えるようになります。

《わかるようになること》 
(1)楽譜のルールをわかりましょう。
まずは、5つの音の位置を覚え、音符をグラフのようにイメージし、指を動かします。(バイエル70番程度までの内容)
(2)左手のが宇譜を読まずに弾くために、コードネームを3つわかりましょう。
(3)ブラインドタッチで弾けるようになるために一つの仕組みと指の形を覚えましょう。

《レッスン曲の例》  
(1)「ちょうちょう」で左手の楽譜を見ずに、2つのコードで伴奏を弾いてみます。
(2)「きらきら星」で左手の楽譜を見ずに、3つのコードで伴奏を弾いてみます。
(3)「どんぐりころころ」「こぎつね」「大きな栗の木の下で」で右手の楽譜を見ればいいので、指替えも余裕でできます。など


<2 弾き歌いピアノ応用コース全3回>
移調ができるを目指します。

《わかるようになること》
(1)付点のリズム・三連符について数え方がわかる。
こつは、数えながら弾くこと。慣れると、自分でリズム通りに弾けるようになります。(バイエル終了程度までの内容)
(2)セブンスコードについてわかりましょう。指の形も覚えましょう。
(3)ハ長調以外のキー(♯2つ・♭1つ)と移調する仕組みをわかりましょう。

《レッスン曲の例》
(1)「かたつむり」「おはよう」「おかえり」「おべんとう」で付点のリズム・セブンスコードを試しましょう。
(2)「世界中の子供たちが」で三連符を試してみましょう。   
(3)「雪」でニ長調を試しましょう。
(4)「むすんでひらいて」を違うキーで試してみましょう。
など


それぞれ、私が大学のこども学部でレッスンしている、一人10分程度を7、8回分の内容です。

時間のない現役の先生方も、冬休み中にこっそり上手になりたい方もお受け頂けるように、これを、50分×3回のレッスンで組んでみました。
進み具合によっては、歌のアドヴァイスも可能です。
(楽譜等資料は、こちらでご用意いたします。)

1コース  20,000円

1名〜3名グループまで、金額を変えずにお受け頂けます。
また、3名以上の出張グループレッスンも可能です。
お問い合わせください。

2016年内  キャンペーン中! ご予約をお早めに。
先着5名様まで、登録手数料3,000円が無料に。
登録されると、半年有効です。
半年以内にいずれかのレッスンをお受け頂くと、半年延長になります。

Nor's M について書いてみました2016年11月22日 12:59

Nor’s m(ノアズエム)とは

声(歌うこと」を通して、音楽と人のすばらしさをシェアするところです。
音楽はとても広い森です。奥深く、美しく、たくさんのすてきが豊かに隠れているところ。
森のなかを散歩することだけでも、もちろん楽しめます。
そこでの空気や温度や湿度。前に見えるもの。上に見えるもの。遠くに見えるもの。
そして、少し探して見つかるもの。掘り出して見つかるもの。
思いがけないプレゼントもあるでしょう。新しい出会いもあります。
からだもまた、同じように広い森です。
歌うことはその2つを繋ぎます。

その森は皆さんのすぐ近くにあります。
いつでも自由に好きなだけ、何度でも訪れることができます。
初めての場所は、少し勇気がいります。
でも、ガイドがいたら大丈夫ですよね。
そのガイドが私です。杉森のりこがご一緒いたします。
私が見つけたすてきに1つずつ、お連れしましょう。
そして何か、すてきを見つけたら私にも分けて下さい。

「歌うこと」は、いろんなことを同時にしています。
まず、他の楽器との違いは、楽器(からだ)自体が生命体であること。
原則、歌詞があること。
呼吸をするもの、声を出すのも同じからだ(楽器)でしていること。
外側からの音とからだの内側の声(音)を同時に聴いていること。
大まかですが、これらを楽器演奏に加えて、同時に処理しています。
音楽に感動し、気持ちよくなったりしつつ、頭もからだもフル回転しています。
まだすべては解明されきっていないぐらい複雑で、しかし合理的なことをしています。
でも、歌うと楽しく、元気になるのは、ご存じの通りです。
人に与えられた、ほんとうにすごい力ですよね。

ノアズエムでなら、「声」を音楽側からとからだ側から楽しむことができます。
そのためのレッスン・ワークショップ・講座・コンサート等を企画・運営をしています。